SFPなう
近年もっとも増えている熟年離婚について細かく調べてみました

長年連れそった結果からの結末

現在サイト作成中です。離婚をするケースでは、まだ若い男女がお互いの考え方の違いに不満を爆発させ、別れるというケースが多いかと思います。
しかし、最近目立っているのが、長年連れ添ってきた夫婦が熟年になって、ついに離婚に踏み切るというパターンです。
それまで長い期間連れ添ってきたのにも関わらず、熟年になった時点で離婚をするところには、どのような気持ちがあるのでしょうか。

熟年離婚に至るまでの原因に関しては、家庭によってさまざまな原因を考えることができるでしょう。
もしかしたら、これまでにずっと離婚という選択を意識しながら生活をしてきて、それでも我慢をしていたことがあったかもしれません。
それがあるときをきっかけにして一気に噴出してしまい、離婚という行動を採択することになった、という結果が熟年離婚ともいえます。
熟年夫婦という場合は、結婚生活がこれまでに20年以上も続いていたというケースも含まれます。

20年も一緒にいて、その間に離婚をしなかったとしても、熟年になってから離婚をする可能性もあるということですね。
熟年離婚の場合、離婚を切り出す側としては、妻のほうからという場合が圧倒的に多くなっているようです。
こういった熟年離婚に踏み切るきっかけとして、周囲の環境の変化も考えられますね。
例えば介護生活が辛いものになってしまい、これ以上は耐えられないと我慢の限界を迎えることもあるでしょう。

また、それ以前までは子供も自立しておらず、家庭を崩壊させるわけにはいかなかったので、妻のほうが我慢をして夫婦生活をしていたかもしれません。
ですが二十数年という期間を終え、子供が自立をした段階で、ついに自分の離婚について真剣に考えるようになる、という方が出てくる、という形なのかもしれません。
離婚に至るまでには、相手の性格や価値観など、そういったところにこれ以上一緒に生活をしていくことはできない、と我慢できなくなるところがある、ということでしょう。

子供が自立をしたとなると、それからはまた夫婦二人だけで生活をしていくことになるケースも多くなります。
特に子供が一人だけの場合には、それ以降は家庭でまた夫婦二人きり、ということを考えたときに、我慢できなくなる人も多いのかもしれません。
二十数年連れ添っているうちに、相手に対しての感情が、すっかり悪いものばかりになってしまい、耐えられなくなるのでしょう。
子供を通してでなければ夫婦で会話をしなくなったというような覚えがある方は、熟年離婚には要注意です。

Font Size
Decrease Size Default Size Increase Size
Select Skin
Select Underlay Background
Select Overlay Background
Scheme Switcher Toggle